市販の睡眠薬

一時的に飲むのがベスト

通常生活をしていたとしても、体の体調や、生活環境によって数日、
しっかりと眠ることができないと言うタイミングがあります。

 

 

これは、身体的な問題から現われる一過性の不眠症と、
精神的なストレスや緊張が原因で眠ることができない一過性の不眠があります。

 

どちらも一時的である事になります。

 

 

これは例えば

  • 翌日、緊張するようなイベントが待ち構えているためなかなか眠ることができない
  • 旅行で興奮してしまってなかなか眠ることができない
  • 嫌なことがあってその気分が数日続いてしまっていてしっかりと睡眠をとることができない

といった理由がきっちりと分かっている不眠です。

スポンサード リンク

 

一過性の不眠症に対しては、
ドラッグストアなどで売っている市販の抗ヒスタミン系睡眠改善薬などを利用してみることも良いでしょう。

 

有名なところで言うと、ドリエルなどがあります。

 

 

しかしながら、数週間も不眠の症状が継続してしまう場合は注意をすることが必要です。

 

 

抗ヒスタミン系の睡眠改善薬に限らず、
睡眠薬全般は長期的に使い続けてしまうと耐性形成がなされ、効き目を感じなくなってしまいます。

 

 

そのため、利用する際には一過性の短い不眠症にのみ使うようにすることが望ましいとされます。

 

 

その他、睡眠薬の場合、睡眠相後退症候群などの体内リズムが
狂ってしまっている場合には効き目が薄いとされています。

 

 

そもそも睡眠をとることに対して問題が起きている場合ではなく、
しっかり眠ることができるけれども、睡眠をとる時間や起きる時間帯がずれ込んでいるだけの場合は
睡眠薬を飲んだとしても頭がぼーっとするだけで大した効果を期待できません。

 

 

このような場合には、まずは体内時計のリズムを調整する必要があります。

 

 

そこまで調整が済んだ上で、入眠障害などに悩む場合には利用することも良いでしょう。
基本的には日常生活を改善することが最も重要な課題となります。

スポンサード リンク


 

市販の睡眠薬に依存しない関連ページ

適応障害性不眠症
適応障害性不眠症について説明しています。
精神生理性不眠症
精神生理性不眠症についての詳細です。
気分障害と不眠の関係
気分障害と不眠について