気分障害不眠

気分調整障害と不眠

気分調節障害や、感情障害などの、
つまりうつ病や躁鬱病で不眠に落ちいる方が増えています。

 

 

うつ病の患者の場合ほとんどの場合に不眠が確認されています。

 

うつ病の重症度に対して不眠の重症度は深く関係しています。

 

 

つまり、不眠に悩んでいる人の場合うつ病の初期段階にあるということが多いのです。

 

 

さらに、不眠が慢性的になってしまっている人の場合、
うつ病になる確率がとても多いとされています。

 

スポンサード リンク

 

 

 

うつ病の9割以上の患者に、入眠障害や早朝覚醒などの睡眠障害が確認されています。

 

 

これに対して、不眠に悩んで受診した患者のうち約20パーセントがうつ病などの気分障害と診断されています。

 

 

さらに、うつ病の治療によってきちんとその他の症状が改善した場合であっても、
6割から7割近くの人に不眠の症状が残るとされています。

 

 

うつ病患者の不眠の特徴は早朝覚醒だと言われてきましたが、
最近では、入眠障害や中途覚醒も多いことが確認されています。

 

 

また、うつ病に悩んでいる人の場合、夜きちんと眠ることができないからといって、
日中に眠くなることも少ないとされています。

 

 

 

うつ病になってしまうと心身ともに緊張状態が継続してしまうため
覚醒段階に常にさらされていると言うことになります。

 

 

 

うつ病の症状の中で、自分でも確認することが簡単で、
周りの人間からも気づいてもらいやすいのが不眠の症状です。

 

 

 

2週間以上継続的に起きてしまう不眠の場合、うつ病の可能性が大きいとされています。

 

 

うつ病を放置してしまうと、深刻な状態に発展してしまうことが多いため、
できる限り早い段階で恥ずかしがることなく精神科医へ相談することが重要です。

 

 

もしも、家族や、友人に不自然な部分が感じられたら、きちんと眠れているかを訪ねてあげるのも良いでしょう。

スポンサード リンク


 

気分障害と不眠の関係関連ページ

適応障害性不眠症
適応障害性不眠症について説明しています。
精神生理性不眠症
精神生理性不眠症についての詳細です。
市販の睡眠薬に依存しない