精神生理性不眠症

ストレス問題での不眠

不眠症に関連している病気を考えた場合1番多くいられるのが

 

精神生理性不眠症であるとされています。

 

 

社会的な生活を送っている限り、

 

精神的なストレスが高まることによって
一時的な不眠症を感じることが多いとされています。

スポンサード リンク

 

一般的な人は不眠症の原因がなくなると不眠が解消されますが、
睡眠に対する考え方が偏っている人の場合、
不眠そのものを強く意識してしまいそれが悪循環になってしまいさらに眠ることができなくなってしまうケースがあります。

 

 

眠れないことに対する焦りは、不安や恐怖の原因になります、
布団に入ると早く眠れなければならないと精神的に緊張することになります。

 

 

こういった不眠に対する不安感がさらなるストレスとなり、不眠を悪循環させてしまいます。

 

 

精神性理性不眠症の発症のきっかけは環境の変化や身体的な疾患によるものがあります。

 

 

睡眠障害を分類すると、寝付きが悪い入眠困難
夜中に突然目が覚めてしまう中途覚醒などがよく確認されます。

 

 

この状態が長引くことによって日中社会的な活動をしている時間帯にも問題が起きることになります。

 

 

日本における、精神性理性不眠症の割合は一般的な人口の約2パーセントと推計されています。

 

 

症状が出やすい年代は中高年の女性とされており、
性格的には神経質で完璧主義な傾向にある人に多く見られるとされています。

 

何事も自分の思い描く完全な状態を強く望んでしまうため
上手くいかない状態が大きなストレスになってしまうようです。

スポンサード リンク


 

精神生理性不眠症の原因・症状など関連ページ

適応障害性不眠症
適応障害性不眠症について説明しています。
気分障害と不眠の関係
気分障害と不眠について
市販の睡眠薬に依存しない