適応障害性不眠症

適応障害性不眠症で知っておきたいこと

適応障害性不眠症を説明する前に知っておくことがあります。

 

 

いつも通りきちんと眠ることができない期間が

 

1週間以内にとどまっている不眠の状態を
一過性不眠と呼びます。

 

 

この段階ではまだ病気とは言生きることができません。

スポンサード リンク

 

就寝するときの環境やタイミング等を改善したり、
不眠の原因になっている精神的なストレスをしっかりと解消することができればいつも通りに睡眠が取れるように戻ることでしょう。

 

 

ですが1週間から1ヵ月の間不眠が継続的になってしまった場合、
急性不眠症と呼ばれることになります。

 

この状態になってくると眠れないといった症状だけではなく、
昼間であっても様々な症状が見られるようになります。

  • 倦怠感
  • 集中力、注意力の欠如
  • 記憶障害
  • 社会的な機能の低下
  • 焦り
  • 日中の持続的な眠気
  • 緊張感
  • 頭痛
  • 消化器系の異常

など。

 

この状態からさらに不眠の状態が長期間になってくると慢性型不眠症となります。

 

 

不眠症で問題になるのは本来就寝すべき時間帯に眠れないという状態よりも、
しっかりと活動しなくてはならない昼間の時間帯に支障が起きることです。

 

 

仕事の作業能率や、集中力、判断力が著しく低下してしまった場合、
周りの人間に対しても大きな迷惑をかけることになります。

 

 

これはさらに自分の自信を喪失する原因にもなってしまいます。

 

 

社会的な生活によるストレスが原因で招かれる睡眠障害を適応障害性不眠症といいます。

 

 

大きな環境の変化によってうまく適応しきれずしっかりと眠れなくなってしまった場合を言います。
適応障害性不眠症と限らず、睡眠障害の原因で1番多いとされているのがストレスだと言われています。

 

 

ストレスの状態は人それぞれ千差万別であるため、
簡単には改善することが難しいものです。

 

 

ちょっとしたことでもストレスをすぐに抱えてしまう方もいらっしゃいます。

 

 

ストレスによる身体的な症状としては、
不眠症以外にも、高血圧、頭痛、内臓疾患、免疫機能障害などが一般的です。

 

 

このほか大きなストレスによる精神的な影響として、
不安感、イライラ、攻撃性、抑うつなどが挙げられます。

 

適応症が一生組上にはこのような精神的な症状が合併することが多いとされています。

スポンサード リンク


 

適応障害性不眠症の原因・症状など関連ページ

精神生理性不眠症
精神生理性不眠症についての詳細です。
気分障害と不眠の関係
気分障害と不眠について
市販の睡眠薬に依存しない