不眠症種類

睡眠障害の種類と分類

近年日本人にも睡眠障害が増えているとされています。

 

 

成人を対象に行われた調査でも睡眠障害に関する問題を抱えている人は
全体の40パーセント以上にものぼることがわかっています。

種類も増えています。

 

 

これに対して睡眠障害を起こす病気への理解が進歩しています。

 

今のところ、一般的な睡眠障害の分類として用いられるのは、
米国睡眠障害連合や、ヨーロッパ、日本、などの睡眠学会が合同で発表した睡眠障害国際分類第二版となります。

 

この中に記載されている睡眠障害の種類、
分類は、8項目に分かれており、85個もが載っているされています。

 

不眠症

  • 過眠症
  • 概日リズム睡眠障害
  • 睡眠時随伴症
  • 睡眠関連呼吸障害
  • 睡眠関連運動障害

などが日本でも有名になりつつあります。
睡眠の覚醒スケジュール障害では、夜勤や不規則勤務等のために本来しっかりと睡眠をとらなくてはならない時間帯に睡眠をとることができず、睡眠の時間帯が不規則になってしまうことで体内時計が乱れてしまって起こるものです。

 

中でも睡眠時随伴症には、金縛り、悪夢、といった症状が含まれます。
また最近、一般的になりつつあるのが睡眠関連呼吸障害です。
これは睡眠時無呼吸症候群等で有名です。

 

こむら返りやむずむず症候群などは、睡眠関連運動障害に分類されることになります。

 

 

不眠症
  • 不安障害
  • パニック障害
  • 気分障害
  • 逆説性不眠症
  • 精神生理性不眠症
  • 適応障害性不眠症
  • 外傷後ストレス障害
  • 薬剤性不眠症
  • 内的疾患不眠症

 

睡眠関連呼吸障害
  • 閉鎖性睡眠時無呼吸症候群
  • 中枢性睡眠時無呼吸症候群

 

中枢性過眠症
  • ナルコレプシー

 

概日リズム睡眠障害
  • 睡眠相後退障害
  • 睡眠相前進障害

 

睡眠時随伴性
  • 悪夢
  • 頭内爆発音症候群
  • 時差
  • 反復弧発性睡眠麻痺

 

睡眠関連運動障害
  • むずむず脚症候群
  • 周期性四肢運動障害
  • こむら帰り

頭がぼーっとする不眠症の種類・分類記事一覧

適応障害性不眠症の原因・症状など

適応障害性不眠症を説明する前に知っておくことがあります。いつも通りきちんと眠ることができない期間が1週間以内にとどまっている不眠の状態を一過性不眠と呼びます。この段階ではまだ病気とは言生きることができません。

≫続きを読む

精神生理性不眠症の原因・症状など

不眠症に関連している病気を考えた場合1番多くいられるのが精神生理性不眠症であるとされています。社会的な生活を送っている限り、精神的なストレスが高まることによって一時的な不眠症を感じることが多いとされています。

≫続きを読む

気分障害と不眠の関係

気分調節障害や、感情障害などの、つまりうつ病や躁鬱病で不眠に落ちいる方が増えています。うつ病の患者の場合ほとんどの場合に不眠が確認されています。うつ病の重症度に対して不眠の重症度は深く関係しています。つまり、不眠に悩んでいる人の場合うつ病の...

≫続きを読む

市販の睡眠薬に依存しない

通常生活をしていたとしても、体の体調や、生活環境によって数日、しっかりと眠ることができないと言うタイミングがあります。これは、身体的な問題から現われる一過性の不眠症と、精神的なストレスや緊張が原因で眠ることができない一過性の不眠があります。...

≫続きを読む