群発頭痛の治療法

市販では難しい?

群発頭痛の発作が起きている期間の場合、
アルコールで頭痛が誘発されてしまうためこの期間はアルコールを摂取しないことが重要です。

 

 

ですが発作の期間が終了すれば、飲む事は可能です。

 

また、ニトログリセリン
といった血管を拡張するお薬も群発頭痛を起こすことが懸念されています。
群発頭痛の痛みに対しては鎮痛薬はほとんど効果がないとされています。

スポンサード リンク

 

発作が起こってしまったときの強烈な痛み抑えるためには、
酸素吸入が最も良い方法だと言われています。

 

 

純粋な酸素を20分から30分ほど吸入すると群発頭痛が楽になってきます。
これは酸素が血管の腫れを収めてくれるためです。

 

 

しかしながら、市販で売っている酸素ボンベ程度ではほとんど効果はないとされています。
しっかりとした効果を実感するためには、大量の酸素が必要です。

 

 

酸素吸入の必要があれば病院へ行くことが必要になります。
薬を使った治療法としては、血管の拡張を割いてくれるエルゴタミンが有効であるとされています。

 

 

できるだけ早い段階で服用することが重要です。
エルゴタミンが有効である理由は、偏頭痛の治療と似ています。

 

 

また、群発頭痛を起こりにくくする薬もあります。
中でも副腎皮質ホルモンやリチウムです。

 

 

リチウムによる治療法は躁病の治療にも用いられています。
毎日同じような時間帯に群発頭痛が起こる人の場合、
その1時間から2時間前にいるエルゴタミンを飲んでおくと予防が可能であるとされています。

スポンサード リンク


 

群発頭痛の治療法関連ページ

脳腫瘍・くも膜下出血での頭痛原因
脳腫瘍やくも膜下出血で起きる頭痛の直接的な原因やタイミングについて
女性の片頭痛〜原因(食べ物)・予兆など
女性の片頭痛での原因(食べ物)、予兆などについて説明しています。
片頭痛の遺伝性・なりやすい性格・頭痛薬アスピリンなど
片頭痛の遺伝、なりやすい性格、頭痛薬の実態について
片頭痛薬の効果的な飲み方
片頭痛薬の効果的な飲み方について説明しています。
片頭痛予防の薬
片頭痛予防の薬について
緊張型頭痛の特徴・原因・期間など
緊張型頭痛の特徴、原因、期間について説明しています。
緊張型頭痛の予防法
緊張型頭痛での予防法について
群発頭痛の特徴と原因
群発頭痛の特徴と原因について説明いたします。
三叉神経痛と群発頭痛の違い
三叉神経痛と群発頭痛について説明しています。
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いなど
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いについて原理を説明しています。