緊張型頭痛原因

中高年に多い?

緊張型頭痛は頭痛の原因の約50パーセントを占めるとされています。
特に中高年に多い日で、男女問わず同じように見られる頭痛になります。

 

 

頭痛の頻度も月に数回から毎日のように起こるなど人それぞれになります。
頭痛はいきなり始まり、長い間、地味に持続することになります。

 

 

片頭痛が突然起こるこ理由に対して対照的であるとされています。
片頭痛は心拍に沿って、痛みが現れるのが特徴的で頭の片側が痛むことが多いのに対して、
緊張型頭痛は頭全体的に出現するとされています。

スポンサード リンク

 

主に、後頭部の辺りから首筋にかけて、こめかみの辺りまでが痛むされています。
これは、緊張型頭痛が、頭を巡るような筋肉に関係しているからです。

 

 

また、頭蓋の筋肉と、肩の筋肉は連動しているため極度の肩こりを伴うことも多いとされています。

 

 

一般的に緊張型頭痛の痛み方は、締めつけられたり、
帽子をかぶっているような感覚などと表現される圧迫感が特徴です。
さらに強力な圧迫感を感じる場合、頭重と言われることもあります。

 

 

緊張型頭痛の痛みのレベルは、片頭痛と比較すると、軽いものであったり、
それほど重くなる事はないとされています。

 

 

ある程度我慢できる程度のものが多く、日常生活の影響はそれほどないとされています。
眼精疲労や、肩こり、体のだるさ、めまいなどと連動してしまうことがあります。

 

緊張型頭痛の原因

 

現代人はストレスが多く、神経症に悩まされている方も多いとされています。
多くの場合このストレスが原因になっているとされています。

 

ストレスといっても、心的なストレスと、肉体的なストレスの2つに分かれるとされています。
心の問題としては様々な日常生活における、心配や不安、抑うつ状態などが原因となります。

 

 

肉体的なストレスの原因としては、

  • 筋肉ストレス
  • 姿勢の異常
  • 寝相
  • 頸椎症
  • 首の骨の異常
  • 筋肉の弱り
  • 噛み合わせの異常
  • 眼精疲労
  • 耳鼻科の病気
などです。

 

 

また、緊張型頭痛は、偏頭痛よりも長期化することが多い頭痛であるとされています。
原因であるストレスが解決できないて頭痛が続いてしまうと、筋肉の血液の循環が悪化していきます。

 

そうなると、筋肉が固いゴムのような状態になってしまい、筋肉痛を引き起こします。
これが慢性的に続くことによって、長期化する頭痛の原因となるのです。

 

 

いちど緊張型頭痛の悪循環が始まってしまうと、かなりの期間の間続く傾向にあります。

 

 

緊張型頭痛により、極度の肩こりが継続すると、
老廃物が溜まってしまい、筋肉が硬くなってしまう原因となります。

スポンサード リンク


 

緊張型頭痛の特徴・原因・期間など関連ページ

脳腫瘍・くも膜下出血での頭痛原因
脳腫瘍やくも膜下出血で起きる頭痛の直接的な原因やタイミングについて
女性の片頭痛〜原因(食べ物)・予兆など
女性の片頭痛での原因(食べ物)、予兆などについて説明しています。
片頭痛の遺伝性・なりやすい性格・頭痛薬アスピリンなど
片頭痛の遺伝、なりやすい性格、頭痛薬の実態について
片頭痛薬の効果的な飲み方
片頭痛薬の効果的な飲み方について説明しています。
片頭痛予防の薬
片頭痛予防の薬について
緊張型頭痛の予防法
緊張型頭痛での予防法について
群発頭痛の特徴と原因
群発頭痛の特徴と原因について説明いたします。
群発頭痛の治療法
群発頭痛の治療法について
三叉神経痛と群発頭痛の違い
三叉神経痛と群発頭痛について説明しています。
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いなど
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いについて原理を説明しています。