片頭痛薬の効果的な飲み方

片頭痛予防薬を飲むことが良い

片頭痛になったら
最初のうちにアスピリンなどの鎮痛薬を服用すると頭痛がかなり楽になるとされています。

 

 

いちど血管の痛みがスタートしてしまうと、どんどん痛みが増して行き、
最後には炎症の段階まで進んでしまいます。消炎鎮痛薬はこの頭痛の進行して行くプロセスを抑えてくれるとされています。

 

 

そのため、消炎鎮痛薬は片頭痛のはじめの段階で服用をすることが重要です。
片頭痛の痛みがひどい状態に出してしまうと、消炎鎮痛薬の効果はほとんどないと考えても良い位です。

スポンサード リンク

 

一般的な片頭痛の場合、ほとんどの人は市販の鎮痛薬で対処しているとされています。
きちんと症状薬剤師に説明して、ご自分に合っている薬を選ぶことが重要です。

 

 

 

中でもエキセドリンは、厳重なテストで有名です。
薬を選ぶ際には、あまりいろいろな成分が入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

消炎鎮痛薬の効果を増強するために、別の成分が配合されているものも少なくありません。
このような薬の効果はとても良いとされていますが、連続的に使用することによりさらに頭痛を招きやすくなる可能性もあります。

 

 

 

毎日のように消炎鎮痛薬を服用していると、逆に頭痛が治らなくなるといった結果になることも考えられます。
あまりにも頻繁に頭痛に今われる場合には、消炎鎮痛薬を飲むのではなく、
片頭痛予防薬を飲むことが良いでしょう。

 

 

 

また、次は飲まないにしても、コーヒーを飲むと片頭痛が楽になることから、
カフェインが含まれている、エルゴタミンと言う成分が一般的です。

 

 

 

カフェインには強い抗日効果があるとされています。

 

 

エルゴタミンは、血管を収縮させて片頭痛を抑えてくれる薬になります。
鎮痛薬ではありません。

 

 

そのため血管が拡張する前に飲むことが重要です。
頭痛が本格的に痛くなり足してしまってからでは逆に悪化する可能性も考えられます。

 

 

エルゴタミも鎮痛薬と同様で、何か月もの間、服用していると痛みの調整能力が狂い、
痛みに鈍感になってしまい、かえって頭痛が起こりやすくなってしまう可能性があります。

 

 

頻繁に服用する際には、これに代わる片頭痛の予防薬が望ましいと言えます。

スポンサード リンク


 

片頭痛薬の効果的な飲み方関連ページ

脳腫瘍・くも膜下出血での頭痛原因
脳腫瘍やくも膜下出血で起きる頭痛の直接的な原因やタイミングについて
女性の片頭痛〜原因(食べ物)・予兆など
女性の片頭痛での原因(食べ物)、予兆などについて説明しています。
片頭痛の遺伝性・なりやすい性格・頭痛薬アスピリンなど
片頭痛の遺伝、なりやすい性格、頭痛薬の実態について
片頭痛予防の薬
片頭痛予防の薬について
緊張型頭痛の特徴・原因・期間など
緊張型頭痛の特徴、原因、期間について説明しています。
緊張型頭痛の予防法
緊張型頭痛での予防法について
群発頭痛の特徴と原因
群発頭痛の特徴と原因について説明いたします。
群発頭痛の治療法
群発頭痛の治療法について
三叉神経痛と群発頭痛の違い
三叉神経痛と群発頭痛について説明しています。
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いなど
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いについて原理を説明しています。