片頭痛遺伝

片頭痛に悩む人の特徴

片頭痛に悩む人の中には共通点があるとされています。

 

 

頭が良く、能力があり、潔癖、完璧主義、几帳面などといった長所があるとされています。

 

 

また、責任感が強く、勝ち気であるといった点も持ち合わせているようです。

 

 

欠点としては頑固であり怒りっぽいなどといった面があるようです。

 

 

これはあくまでデータになるので例外も多いとされます。

スポンサード リンク

 

片頭痛を起こしやすい体質は遺伝するとされています。
片頭痛の50パーセント以上に家族歴が確認されています。

 

遺伝する形は同じではなく、あらゆる形が関係するされています。
特に母親が片頭痛である場合には、子供も片頭痛になりやすいとされています。

 

 

片頭痛は、一般的には思春期ごろから閉経期まで頻繁に起きるとされています。
更年期を過ぎると片頭痛はなくなるといった事例が多いようです。

 

 

歳をとることに全長も気持ち悪さも減ってくるとされています。
しかしながら、偏頭痛が軽くなる代わりに緊張型頭痛に移行する例が多いようです。

 

頭痛薬アスピリンとは?

頭痛に悩む方の場合アスピリンで救われたという経験がある方がとても多いことでしょう。
アスピリンは非ステロイド性消炎鎮痛薬に分類されます。

 

解熱作用、鎮痛作用、抗炎症作用、血小板凝集阻害作用などがあるとされています。

 

血小板に対する作用を応用して、脳梗塞や心筋梗塞の予防にアスピリンを飲んでいる方も多いことでしょう。
片頭痛もまた、血小板からセロトニンが離れることが原因にもなっているため
アスピリンをごく少量のむと片頭痛が起こりにくくなるとされています。

 

 

アスピリンの鎮痛作用の、実態としては痛みや炎症のもとになる
プロスタグランディンの生成を阻害する作用によるものです。

 

 

しかしながらプロスタグランディンの副作用として
胃が荒れたり潰瘍ができるといったことがあります。

 

 

胃腸の弱い方の場合、胃腸障害を避けるために、
H2ブロッカーや胃の粘膜保護薬を併用することになります。

 

 

またアスピリンにおいては、喘息を引き起こすこともあるので注意が必要です。

 

 

子供の場合熱を出しているときに服用するとごくまれに脳症を招く恐れがあるとされています。

スポンサード リンク


 

片頭痛の遺伝性・なりやすい性格・頭痛薬アスピリンなど関連ページ

脳腫瘍・くも膜下出血での頭痛原因
脳腫瘍やくも膜下出血で起きる頭痛の直接的な原因やタイミングについて
女性の片頭痛〜原因(食べ物)・予兆など
女性の片頭痛での原因(食べ物)、予兆などについて説明しています。
片頭痛薬の効果的な飲み方
片頭痛薬の効果的な飲み方について説明しています。
片頭痛予防の薬
片頭痛予防の薬について
緊張型頭痛の特徴・原因・期間など
緊張型頭痛の特徴、原因、期間について説明しています。
緊張型頭痛の予防法
緊張型頭痛での予防法について
群発頭痛の特徴と原因
群発頭痛の特徴と原因について説明いたします。
群発頭痛の治療法
群発頭痛の治療法について
三叉神経痛と群発頭痛の違い
三叉神経痛と群発頭痛について説明しています。
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いなど
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いについて原理を説明しています。