女性片頭痛

頭痛の3割は片頭痛

片頭痛とは頭の血管の拡張により、
血管の周りの神経が刺激されておこる頭痛となっています。

 

 

片頭痛が最もひどいタイミングでは、血管の周囲に炎症を伴うため
ガンガンとしたひどい頭痛となることが確認されています。

 

 

片頭痛は、一般的な頭痛の原因の30パーセント以上を占めています。

 

 

年齢層も幅広い20代から50代の若い年齢層に多いとされています。
さらに女性に多い頭痛となっています。

スポンサード リンク

 

 

 

片頭痛の半分以上は子供の頃から既に始まっているとされています。
繰り返して起こることが特徴的で、持続時間は4時間から3日以上になることもあり得ます。

 

 

偏頭痛が起こるのは、比較的急であるとされています。
頭痛の場合、頭の片側のこめかみの目の辺りが多いとされています。

 

 

頭痛が起きるかは人によって違います。右や左と決まっている場合もありますし、
タイミングによって交代してしまうこともあり得ます。

 

 

いちど痛みが発症してしまうと仕事が手につかず、寝込んでしまうこともあり得ます。
そして女性によっては吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

 

 

また、視野欠損や、ギラギラ見えて見える前兆を伴うものと、伴わないものがあるとされています。
発作が起きている最中は、音や光、匂いにとても敏感になるとされています。

 

 

光がとても眩しく感じることがあり、音がガンガン頭に響きます。
ちょっとした香水や、臭いにも吐き気を催すことがあります。

 

 

睡眠をとると頭痛が消えていることが多いとされています。
マッサージをすることや入浴はかえって発作をひどくする形になります。
緊張型頭痛とは違った形となります。

 

二日酔いの頭痛

片頭痛は、血管の異常な拡張から起こる頭痛となっています。このような物を一般的には血管性頭痛といいます。
片頭痛以外の血管性頭痛を非片頭痛型血管性頭痛といいます。
この原因としては、風邪、二日酔い、酸欠、熱射病、ガス中毒、血管を広げる薬の服用が挙げられるとされています。

 

片頭痛の原因

女性に多い片頭痛を引き起こす原因には、ストレス、ホルモンの変化、食べ物、人が多い場所、騒音、光などがあるとされています。
中でもストレスは、片頭痛の大きな原因となっています。

 

 

ストレスを感じている時に頭痛に陥る人もいるのですが、
多くの場合リラックスしたときに片頭痛が起こる人の方が多いとされています。

 

 

これは、ストレスを感じている間は血管が緊張しているために痛みを感じる事は無いのですが、
リラックスするとともに血管も緩むためと考えられています。

 

 

また女性ホルモンの変化も大きな原因の1つとなっています。
生理の前後にはエストロゲンというホルモンが急激に変化するために片頭痛が起きる女性が多いのです。

 

 

エストロゲンは血管の緊張をコントロールしてくれるホルモンになります。妊娠中はエストロゲンの値が高いままに安定するために偏頭痛は起こりにくくなるとされています。

 

片頭痛が起きている時に食べてはいけない食べ物、もしくは誘発すると食べ物

チョコレート、ワイン、チーズ、柑橘類、ナッツなどがあるとされています。
また狭心症に使われるニトログリセリンや血管を広げる血圧の薬は頭痛の原因となることを確認されています。

 

片頭痛の予兆

片頭痛の直前に起きる体調の変化を予兆といいます。

 

具体的な症状としては、

  • 情緒不安定
  • 気分の低下
  • 気分の変調
  • 眠気
  • あくび
  • 空腹感
  • 排尿困難
  • 体のむくみ
などがあるとされています。

ですが全く予兆がないと言う人もいらっしゃいます。

スポンサード リンク


 

女性の片頭痛〜原因(食べ物)・予兆など関連ページ

脳腫瘍・くも膜下出血での頭痛原因
脳腫瘍やくも膜下出血で起きる頭痛の直接的な原因やタイミングについて
片頭痛の遺伝性・なりやすい性格・頭痛薬アスピリンなど
片頭痛の遺伝、なりやすい性格、頭痛薬の実態について
片頭痛薬の効果的な飲み方
片頭痛薬の効果的な飲み方について説明しています。
片頭痛予防の薬
片頭痛予防の薬について
緊張型頭痛の特徴・原因・期間など
緊張型頭痛の特徴、原因、期間について説明しています。
緊張型頭痛の予防法
緊張型頭痛での予防法について
群発頭痛の特徴と原因
群発頭痛の特徴と原因について説明いたします。
群発頭痛の治療法
群発頭痛の治療法について
三叉神経痛と群発頭痛の違い
三叉神経痛と群発頭痛について説明しています。
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いなど
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いについて原理を説明しています。