脳腫瘍くも膜下出血頭痛

動脈と静脈の関係

頭痛といっても、脳みそそのものが痛みを感じるわけではありません。

 

 

もちろん辛いことも痛みを感じる事はありません。

 

 

急激な頭痛で苦しむ脳腫瘍やくも膜下出血の場合、
動脈と静脈に深く関係しています。

 

脳全体に対して分布している血管には

  • 太い動脈
  • 静脈洞
  • 架橋静脈
  • 硬膜
  • 硬膜動脈
などがあります。

スポンサード リンク

 

 

 

脳そのものはとても柔らかく、これを守るために髄液と言う行きたいの中に浮かんでいる状態になります。

 

 

この状態をしっかりと俺に固定しているのが、

 

4本の動脈、 12対の脳神経、架橋静脈になります。

 

 

 

そしてこれらはとても痛みに対してデリケートであるといえます。

 

 

頭の中で病気によって頭痛を発症するのは、痛みを感じる組織部分が敏感になっているからです。

 

 

痛みに敏感になっている部分が引っ張られて起きる頭痛を牽引性頭痛
さらに敏感になっておこっている頭痛を炎症性頭痛といいます。

 

 

牽引性頭痛では、脳腫瘍や血腫などが挙げられます。

 

炎症性頭痛の場合、髄膜炎やくも膜下出血が挙げられます。
くも膜下出血は、脳の表面への出血による血液をしに行によって頭の中が痛みに対して敏感になり激しい頭痛を起こすと言われています。

 

 

頭の中の部分から来る頭痛の場合、頭を動かしたり圧力をかけたりすると、
頭痛が強くなる傾向があります。

 

 

これは骨と上つなぎとめている部分の組織が物理的に地域を切るからだと言われています。
その他、早朝に頭痛が強くおきると言った特徴もあります。

 

 

こういった頭痛では、精神面でおきる不穏な頭痛とは明らかに違う
状態になると考えられます。

 

 

しかしながら、日常的にサインが現れている事も多く、
これを見逃さないことも大切になります。

 

 

頭がぼーっしたり、手がしびれるなど、ちょっとした変化に気がつけるかが大切になってきます。

スポンサード リンク


 

脳腫瘍・くも膜下出血での頭痛原因関連ページ

女性の片頭痛〜原因(食べ物)・予兆など
女性の片頭痛での原因(食べ物)、予兆などについて説明しています。
片頭痛の遺伝性・なりやすい性格・頭痛薬アスピリンなど
片頭痛の遺伝、なりやすい性格、頭痛薬の実態について
片頭痛薬の効果的な飲み方
片頭痛薬の効果的な飲み方について説明しています。
片頭痛予防の薬
片頭痛予防の薬について
緊張型頭痛の特徴・原因・期間など
緊張型頭痛の特徴、原因、期間について説明しています。
緊張型頭痛の予防法
緊張型頭痛での予防法について
群発頭痛の特徴と原因
群発頭痛の特徴と原因について説明いたします。
群発頭痛の治療法
群発頭痛の治療法について
三叉神経痛と群発頭痛の違い
三叉神経痛と群発頭痛について説明しています。
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いなど
アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いについて原理を説明しています。