頭痛の種類

安全な頭痛と危険な頭痛

頭痛持ちは成人の3人から4人に1人はいると言われています。
この場合頭痛は繰り返し起こるため慢性頭痛、機能性頭痛とも言われています。

 

 

慢性頭痛の患者の場合、血管が腫れて起こる頭痛と、
筋肉が凝り固まって起こる頭痛があります。

 

 

血管が原因で起こる頭痛は偏頭痛と群発性頭痛が代表的です。
筋肉の頭痛の場合精神的な問題や身体的なストレスによって発生してくるため緊張型頭痛とも言われます。

 

 

一般的に頭痛といってもその種類はとても細分化されています。
日常的に起こる命には特別問題のない頭痛で、慢性的におこったり、習慣性のある頭痛だと認識されているもので、
偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛があります。

 

偏頭痛

こめかみの辺りがズキズキがんがんと痛みます。吐き気や嘔吐を伴う頭痛もあります。特別命の心配は無いずつだと考えられていますが、偏頭痛であっても目の前に光が眩しく見えるタイプのものもあります。女性に多いとされています。
>>女性の片頭痛の詳細はコチラ

 

群発性頭痛

片側の目を何かで疲れるような激しい頭痛です。一旦起こると1ヶ月から2ヶ月の間毎日のように痛むことが多く、男性に多いとされています。

 

緊張型頭痛

頭に何か重いものが乗っかっているような、締め付けられるような頭痛です。頭が重いと言われる頭痛は緊張型頭痛となります。

 

頭痛には命に関わる二次性頭痛というものがあります。こちらは早めに医師に相談することが重要です。
くも膜下出血や、脳腫瘍等による頭痛と言うのが一般的です。
>>危険な頭痛の詳細はコチラ

 

これらは手術が必要な物として有名です。
危険な物といっても手術が必要でない日もあります。
頭の中の炎症が原因の場合です。

 

例えば髄膜炎です。

 

 

危険な頭痛の場合は、腕や足に麻痺が存在する、
感覚がぼやける、目の見え方がおかしい、震える、頭がぼーっとするなどといった
普通の頭痛とは違った二次的な症状が出てきます。

 

頭痛の原因

  • 頭痛の原因には、血管
  • 筋肉
  • 頭蓋内疾患
  • 目鼻耳口の問題
  • 精神的な病
  • 神経痛のもの

があるとされています。

 

 

この中でも特に多いのが、血管、筋肉、頭蓋内疾患の3つになります。

 

 

この中でも近年急激に増えているのは、精神的な病による頭痛です。
一般的に痛みは末梢でおこります。これが中枢に伝えられて痛みの感覚となります。

 

 

ですが、精神的な問題の場合、直接、中枢性の疼痛となります。

 

 

まずは、頭がぼーっとするなどの日常的な違和感から、慢性的な頭痛へ変化していきます。
うつ病における頭痛などがこの代表例といえます。
このタイプの頭痛は鎮痛薬を使っても効かないことが多いです。

 

 

これに伴い神経痛も同時に起こることが考えられます。
神経痛は年配者の語りを心イメージがあるかもしれませんが、特に年齢は関係ありません。
特に後頭神経痛は頻度が高いとされています。

頭痛の種類、原因、症状など記事一覧

脳腫瘍・くも膜下出血での頭痛原因

頭痛といっても、脳みそそのものが痛みを感じるわけではありません。もちろん辛いことも痛みを感じる事はありません。急激な頭痛で苦しむ脳腫瘍やくも膜下出血の場合、動脈と静脈に深く関係しています。脳全体に対して分布している血管には太い動脈静脈洞架橋...

≫続きを読む

女性の片頭痛〜原因(食べ物)・予兆など

片頭痛とは頭の血管の拡張により、血管の周りの神経が刺激されておこる頭痛となっています。片頭痛が最もひどいタイミングでは、血管の周囲に炎症を伴うためガンガンとしたひどい頭痛となることが確認されています。片頭痛は、一般的な頭痛の原因の30パーセ...

≫続きを読む

片頭痛の遺伝性・なりやすい性格・頭痛薬アスピリンなど

片頭痛に悩む人の中には共通点があるとされています。頭が良く、能力があり、潔癖、完璧主義、几帳面などといった長所があるとされています。また、責任感が強く、勝ち気であるといった点も持ち合わせているようです。欠点としては頑固であり怒りっぽいなどと...

≫続きを読む

片頭痛薬の効果的な飲み方

片頭痛になったら最初のうちにアスピリンなどの鎮痛薬を服用すると頭痛がかなり楽になるとされています。いちど血管の痛みがスタートしてしまうと、どんどん痛みが増して行き、最後には炎症の段階まで進んでしまいます。消炎鎮痛薬はこの頭痛の進行して行くプ...

≫続きを読む

片頭痛予防の薬

週に何回も起こってしまう片頭痛に対して消炎鎮痛薬や、エルゴタミンを何回も服用してしまうと、逆に頭痛を悪化させてしまうことがあります。適度な期間をあけての利用が基本になっているため、頻度が高くなるとデメリットの方が目立つようになります。片頭痛...

≫続きを読む

緊張型頭痛の特徴・原因・期間など

緊張型頭痛は頭痛の原因の約50パーセントを占めるとされています。特に中高年に多い日で、男女問わず同じように見られる頭痛になります。頭痛の頻度も月に数回から毎日のように起こるなど人それぞれになります。頭痛はいきなり始まり、長い間、地味に持続す...

≫続きを読む

緊張型頭痛の予防法

鎮痛薬は偏頭痛に対してはかなり有効であるとされていますが、緊張型頭痛にはひきにくいものとされています。緊張型頭痛はある意味、生活習慣病になります。生活のサイクルや、環境を変えることのほうが重要であるとされています。緊張型頭痛に心配になるから...

≫続きを読む

群発頭痛の特徴と原因

群発頭痛は、偏頭痛と似ていて、血管が拡張して痛む頭痛になります。しかしながら、痛みの特徴は偏頭痛とはかなり異なるとされています。群発頭痛は、いちど発生してしまうと、1ヵ月から2ヶ月の間、毎日のように群発して起こるのが特徴になっています。この...

≫続きを読む

群発頭痛の治療法

群発頭痛の発作が起きている期間の場合、アルコールで頭痛が誘発されてしまうためこの期間はアルコールを摂取しないことが重要です。ですが発作の期間が終了すれば、飲む事は可能です。また、ニトログリセリンといった血管を拡張するお薬も群発頭痛を起こすこ...

≫続きを読む

三叉神経痛と群発頭痛の違い

三叉神経痛は群発頭痛と間違われやすいとされています。群発頭痛も三叉神経痛も、突然激痛が現れるものです。痛みがどちらか片方だけに現れる、という点が似ています。発作がないときには両方とも痛みは全くありません。三叉神経痛は、ごく短い間隔の激烈な痛...

≫続きを読む

アイスクリーム頭痛、ホットドック頭痛、二日酔いなど

夏の暑い日に、アイスクリームや、かき氷をたくさん食べるとこめかみの辺りが痛くなる経験は誰しもあることだと思います。これは一気に曲単に冷たいものを口にふくむことが大きく関係しています。この時に起きる一時的な頭痛はアイスクリーム頭痛と言われてい...

≫続きを読む