うつの治療法

治療法の広がり

頭がぼーっとする際に心配なのはやはり精神的なうつ状態です。

 

気分調整障害とも言えます。

 

 

気分調整障害とは、うつ病の前段階とも言える
とても判断が微妙な状態でもあります。

 

 

疲れているだけ、性格的な問題など
見当ハズレな判断になってしまい
鬱病に悪化してしまうケースも少なくありません。

スポンサード リンク

 

一般的な治療法に加えて多数の方法が存在しています。
以下は、その一部です。

 

 

反復性経頭蓋磁気刺激法

反復性経頭蓋磁気刺激法とは、1週間毎日、強い磁気を頭蓋骨を通して脳の左前頭葉前皮質を刺激します。
これによって神経伝達物質を発生させるという方法です。
薬に反応示さない患者に副作用もなく伝えることがメリットとされています。
これは、電気ショック法に変わる療法になるかもしれないという希望がもたれています。

 

 

迷走神経刺激療法

迷走神経刺激療法とは、てんかんの治療につかわれています。
左の迷走神経を少量の連続電気パルスで刺激を行うものです。
手術をした上で首に埋め込んである小さなワイヤで、迷走神経に刺激を与えることをします。
迷走神経は、気分屋睡眠などに関わる情報を脳に伝達する神経となっています。
他の物の治療に反応しなかった人の1部が、迷走神経刺激療法に良い反応を示したというデータもあります。

 

 

ホメオパシー

ホメオパシーとは、ごく少量の天然の薬やミネラルを使って、代替え療法を行うというものです。
ですが実際その効果は証明されていません。
しかしながら副作用は全くないのでその点のメリットが大きいでしょう。

 

 

さらに鍼灸などの方法も存在します。
東洋医学的な観点で改善を試みる場合では、さらに方法論は広くなって行きます。
>>食べ物でうつ病はどうにかなるの?

 

その他にも様々な治療方法が確立されつつあります。
今後精神的な問題に関する治療法はどんどん確立されていくことでしょう。

スポンサード リンク


 

うつの治療法の一部関連ページ

強迫性障害の原因・症状・克服など
強迫性障害についてお話します。
うつに良い食べ物
うつに良い食べ物について説明しています。
心身症とストレスの関係とは?〜症状・治療など
心理療法で減薬・断薬する
うつ病の再発率を下げる2つの治療法
うつ病における再発率を下げる治療法について説明しています。