うつに良い食べ物

気分変調性障害に影響を与えるのは?

食べ物が気分変調性障害に影響を与える研究はキチンとされています。

 

 

ですがとても複雑なバランスで成り立っているので難しいようです。

 

 

きちんとした食事が十分なエネルギー摂取を安定させることにより、
血糖値、そして神経伝達物質やその他の重要な化学物質の生産にバランスの良い影響を与えることになります。

 

 

食事はうつの克服にとても重要な事は理解されています。

 

スポンサード リンク

 

うつ病に良い食べ物とは、

  • 十分な生野菜
  • 果物
  • シリアル
  • 十分な繊維質
  • ビタミン
  • 鉄分
  • タンパク質
、その他の推奨ビタミンやミネラルなどをきちんとバランスよく摂取する食事のことをいいます。

 

 

食事においては食べたからといって治るわけではありません。
ですが本来摂取するべき栄養をとっていない場合は、それが鬱につながってしまうことが考えられます。

 

 

必要なものを摂取していないわけですから当然と言えば当然なのかもしれません。
重要な栄養素をきちんと満たすことができるよう、ビタミン剤などはうまく併用すると良いでしょう。

 

 

しかしながら特定のビタミン剤が特に抗うつ効果があると言う事にはなりません。

 

甘いもの好きな人が多いかと思いますが、
砂糖が軽度のうつ病にどのような効果を表すのかはいまいちはっきりしていません。

 

 

摂取した直後はエネルギー率が上がるので元気が出るような気分になりますが、
その後血糖値が急降下するときにエネルギーが急激に減少し、精神的に落ち込むことがあります。

 

 

これは摂取する糖分の量が多ければ多いほど、
その後の血糖値の急降下的な反動として大きくなります。

 

 

このような低血糖状態が慢性化してしまうと、
炭水化物の代謝異常である低血糖症になる可能性があります。

 

 

これは脳に重要なグルコースを奪い、うつ病や疲労感などの症状につながることになります。

 

 

甘いものやコーヒーといった確認例には癒しの効果があるとされています。
ですがバランスを崩した摂取によって逆に気分を介してしまうこともあり得るのです。

 

好きな人にとってはとても重要なリラックスタイムになりますか、
あくまでこういった側面もあるということを理解した上で摂取するようにしましょう。
>>うつ病の治療方法も知っておく

スポンサード リンク


 

うつに良い食べ物関連ページ

うつの治療法の一部
うつの治療法の一部を説明します。
強迫性障害の原因・症状・克服など
強迫性障害についてお話します。
心身症とストレスの関係とは?〜症状・治療など
心理療法で減薬・断薬する
うつ病の再発率を下げる2つの治療法
うつ病における再発率を下げる治療法について説明しています。