てんかん精神障害

てんかん精神障害について

てんかんは、神経細胞の異常から発作を起こすことで知られています。
自分では気づきにくい点がある上、
症状が他者に違和感を与えてしまうかもしれないという微妙な病態です。

 

 

ですが、
現在では、決して絶対に治らない病気という扱いはなくなりつつあり、
日常的な薬の服用と経過的に観察することで完治を目指す事が十分可能であります。
自己確認と周りの人間の協力が大切になってきます。

 

スポンサード リンク

 

そんなてんかんに合併すると言われているのが精神障害です。

 

 

精神障害の主な症状としては、

  • 頭がぼーっとする
  • 意識が朦朧とする
  • 幻覚が見える
  • 声が聞こえる
  • モヤモヤする

などです。

 

 

また、薬がこれらの精神障害を誘発するとも言われています。

 

 

しかしこのような事例は稀であり、てんかんの合併症という線が妥当です。
まずは、病状自体の改善が最優先事項ということになります。

 

 

てんかんという病気は日々いつ発作が起きるのかという恐怖と戦わなければなりません。
日常的に病気と付き合うということはそれなりのストレスが課せられます。

 

 

いつ何時に、発作が起こってしまうか?という不安は不安につながり、
危険な循環に陥ってしまうケースも考えておかなくてはなりません。

 

 

今では世間での認知度も高く、理解も進んでいるのであせらず地道な治療が懸命です。
医師や薬との相性がとても大事な病気です。

 

 

自分と向き合いつつ、治療できる環境を十分整えられたらよいですね。

 

 

他者のチカラにしっかりと信頼を持ち、着実に改善してゆくことが、
あらゆる精神障害を併発しない基本になるのかもしれません。

スポンサード リンク