てんかん就職事情?可能な職とは?

てんかん就職事情について

頭がぼーっとする、といったに日常的な症状も気になるてんかん。

 

そして、
てんかんにおいて気になるのは就職の問題です。

 

 

てんかん自体の認識は一昔まえとは変わり、
難病ではなく薬さえきちんと飲めば病気が抑えられる事も分かってきています。

 

 

しかし、そのような理解が進んでいても就職や雇用となると別問題です。

 

スポンサード リンク

 

仕事では、あくまで仕事の効率や、雇用でのメリットが優先されてしまいます。
従業員全体の生活に関わる事ですので仕方のない面も多いでしょう。

 

 

つまり、こういった症状では、
不利になることはあっても有利になることは決してないという現状なのです。。

 

 

イメージの問題だけではなく、てんかんの症状は職業も制限されます。
やはり薬で抑えられるとはいっても、その影響がまったくないとはいい切れません。

 

 

現にてんかんの薬の副作用で頭がぼーっとして眠気が起こり、
事故になった事例もあります。

 

 

ですから、そのような一時でも気を許す事の出来ない運転や、
または高所にでの仕事はてんかん患者には危険が伴うので向いていないでしょう。

 

 

また、てんかんの治療には規則正しい生活は求められるので、
ハードな職場も厳禁
です。

 

 

このようなことを念頭に置き、自分の病気の治療と平行して
業務を行う事ができる職場を探す事が望ましいでしょう。

 

 

自分の現状に合わせる、という視点が重要です。
やりたい仕事でも、ある程度の回復が見込めるまでは、抑えておく視点も大切です。

 

 

ですが、あくまでストレスにならないような行動が大切です。

スポンサード リンク