てんかん完治

てんかん完治について

てんかんという病気の名前を聞くとみなさんは
難病のようなイメージを持つかもしれません。

 

 

確かに情報が少ない段階では、とても不安に感じてしまうものです。

 

 

この病気は、それまで普通に活動していた
神経細胞の異常による発作の症状を主としています。

 

突然の異常な症状に見舞われてしまうことが少なくないわけですから当然です。

 

スポンサード リンク

 

てんかん完治は実際あるのか?

 

その治療は主に薬です。

 

 

医師と密接に相談しながら自分に合う薬さえ見つけられたら、発作を抑える事ができます。
薬を投与しながら、経過的に症状を見て行く事で完治の道は開けます。

 

 

基準としては、
3年以上発作が見られないのと
脳波の2回の検査で異常が見られなかった場合に薬の減量が始まります。

期間を大きく見据えて、しっかりと治療をこなしてゆくことが大切です。

 

 

また1種類の薬のみを服用している場合は、
半年ごとに3分の1ずつ減らしていき、
薬の服用をやめてから半年後に脳波検査をし、異常がなければ終結となります。

 

 

キチンとした治療を、習慣に落とし込めることができれが完治への道のりは明るいでしょう。

 

 

途中での自己判断で、
もう治ったのではないかと薬を飲まなくなってしまってはいけません。

 

 

最初からあきらめず辛抱強く病気と付き合って行く事で、完治に希望を持ってみましょう。

 

 

てんかんとの付き合い方さえ決まれば、
前向きに治療を始めて見てはいく事ができます。

 

 

焦らず、ゆっくりと着実に治療を行ってゆくことが、
もっとも有効な完治という流れになります。

スポンサード リンク