てんかん発作原因

てんかん発作原因について

一般的にてんかんの名前は知っていても
どのようなものなのか知らないことが多いようです。

 

 

体調が悪かったり、妙な不安感に襲われたりといった前兆症状があり、
その後、けいれんを引き起こすのが最も多い症状とされているのがてんかん発作です。

物事に集中できない、
頭がぼーっとする
ボヤボヤする
やる気がでない

 

なども前兆の一種に含まれるようです。

 

スポンサード リンク

 

では、
てんかん発作の原因とは何なのでしょうか?

 

 

そもそも、てんかん発作の原因はにあります。

 

 

例えば、人間の身体の中枢をつかさどっている脳ですが、ごくわすかな傷が付いただけでも、
健康に大きな影響を及ぼし、それがてんかん発作の原因となるのです。

 

 

傷による誤作動に近い状況といっても差し支えないかもしれません。

 

 

脳に傷が出来る原因としては、
出産時や乳幼児の成長過程によって引き起こされるものがありますが、
この場合は成長とともに傷が治っていくケースもあります。

 

 

また、頭を強く打つことで、頭部に外傷を負ってしまった場合…特にそのときに意識や記憶を失ったり、
頭蓋骨骨折をしたりといった場合に、約1年以内にてんかん発作を発症するケースもあります。

 

 

その他にも脳炎や脳腫瘍のように、
脳に大きなダメージを受けた場合に、てんかん発作の原因となることが多いのです。

 

 

最近、妙な不安にかられることが多い。。。
そんな場合、過去に脳へのダメージを受けたことかないか、
思い返してみることで特定できることもあります。

スポンサード リンク