蓄膿治療

蓄膿治療|頭のモヤモヤ

蓄膿と一言で言っても、慢性蓄膿症急性蓄膿症の2つに大別できます。

 

これらの治療をするにあたって、
どちらの蓄膿なのかによっても治療法が変わってきます。

 

 

一般的には急性蓄膿症は
保存療法や、鼻水を吸引する治療がメインです。

 

 

それに対し、
慢性蓄膿症の場合は症状の度合いによって、
手術という選択肢が採られる場合もあります。

 

スポンサード リンク

 

まず、保存療法は
抗生物質を使う薬物療法があります。

 

 

また、副鼻腔に炎症を起こし、化膿することによって蓄膿となっているため、
その炎症を抑える薬を直接患部に塗布する局所療法と呼ばれる方法で治療していくケースもあります。

 

 

 

基本的に保存療法を行うことで、患者への負担も軽減できますが、
これでは改善が見られないという場合に手術という選択肢に進みます。

 

 

近年では蓄膿の手術といえば、内視鏡を使ったものが主流です。

 

 

鼻の穴から内視鏡を入れていくことで、
炎症を起こしている粘膜を切除するという方法です。

 

 

 

ただし、注意すべきは、これですぐに完治するわけではなく、
処方された薬を服用しながら、通院をしなければなりません。

 

 

半年から1年程度の治療期間が必要となるのです。

 

 

急激な回復を狙うものには、それ相応のリスクも多くなってしまいます。

 

 

焦ることなくゆっくりと完治させていくことが必要になります。

 

 

当然のことながら
鼻のつまりが解消されてゆくことによって頭のモヤモヤも改善してゆくことになります。

スポンサード リンク


 

蓄膿治療〜保存療法・局所療法関連ページ

症状とは?
頭痛について
薬について