頭がぼーっとする時差ぼけ

時差ボケは意外と深刻?

飛行機に乗ったことがない人の場合では、時差ぼけを感じたことがない方も多いかと思いますが、

 

 

時差ぼけは少なくとも4時間以上の時差がある場所へ飛行機で旅行した時に
頭がぼーっとする、眠れなくなる、極端に眠くなるといったことが身体的不調として発生します。

 

 

旅先で、全身の疲労感が抜けなくなったり、
集中力がなくなる、精神的な疲弊、胃腸機能障害などが具体的な症状として発生します。

 

 

時差ぼけによる睡眠障害の場合、
一般的な睡眠障害用の薬物では改善を期待することができないとされています。

スポンサード リンク

 

時差ぼけに悩むことが多いのがパイロットです。

 

 

職業柄仕方のないことではありますが、
昼間の眠気、集中力の低下、頭がぼーっとする、疲労感、食欲の低下といった症状がかなりの割合で確認されています。

 

 

この状態は、極端に寝不足を経験した時にも似ています。

 

 

頭が重い、目が疲れる、吐き気、ぼんやりとする、イライラ感などの症状も併発するとされています。

 

 

時差ぼけが起きてしまう原因としては、
速いスピードで時差が起きてしまう現地まで短時間で移動すると、
体内時計と現地の時間バランスにズレが生じてしまうことがあげられます。

 

 

これに加えて、体の中の時計が維持してくれている
体温、ホルモン分泌、生活リズムパターンがバラバラになってしまうことで生情報さらに悪化させていくとしています。

 

 

時差ぼけでは、軽い方の場合は頭がぼーっとする程度で済むこともありますが、
到着してからすぐではなく数日経ってからが1番辛いことが多いとされています。

 

 

時差ボケの症状が現れやすい特徴として、朝型の人間が挙げられます。

 

 

また、若年層と比較すると、中高年代の時差ぼけは強く出るとされています。

 

 

方向としては、日本から出発した場合太平洋横断する形になる時に、
最も強く時差ボケの症状が出やすくなるとされています。

スポンサード リンク


 

頭がぼーっとする時差ぼけ関連ページ

集中できないのは?
頭がぼーっとする上に集中できない原因について説明します。関連(症状,血糖値,発作)
頭がぼーっとする栄養不足で足りないものとは?
頭がクラクラするのは、耳が原因?
統合失調症
統合失調症とその症状について。関連(幻覚,妄想,精神疾患)
自律神経の乱れ
自律神経の乱れとは?症状・原因について。関連(体,精神,ストレス)
血流障害
血流障害が引き起こす症状・疾患について。関連(血液,原因,命,体)
不安障害
不安障害とその症状・原因について。 関連(心配,症状,原因,社会,不安神経症)
「血流障害でのしびれ」と「頭モヤモヤ」の危険な関連性
頭がぼーっとする、頭痛だから毎日、鎮痛薬は危険?
頭がぼーっとする頭痛について
朝食抜きで頭がぼーっとする〜血糖値を上げる方法